img20181215020316464544.jpg img20181215020320414721.jpg img20181215020643573274.jpg

ケアマネージャーとは

 
ケアマネージャー(介護支援専門員)とは、2000年4月から始まった「介護保険制度」 において、要支援または要介護と認定された人が、適切な介護サービスを受けられるようにするために、介護サービス計画(ケアプラン)を作成する専門職のことです。
介護保険制度の仕組みは複雑なため、介護が必要になったら介護施設へ行くとすぐにサービスを受けられるわけではありません。このあたりが、病院とは違うところです。
介護施設で、介護を受けるためには、ケアマネージャーに、介護サービス計画(ケアプラン)を作成してもらう必要があるのです。介護を要する方の状況や、家族がどんなことに困っているのかを理解し、計画を立て、必要なサービスを受けられるように、サービス事業者へ手配するのが、ケアマネージャーの仕事です。ケアマネージャーは、介護保険制度の中でも、中核を担う役割を持っている職種なのです。

ケアマネージャーの仕事内容
その1「要介護認定に関する業務」

1.要介護認定に関する申請代行業務と、訪問調査

介護が必要になった場合、まずは要介護認定の申請が必要になります。
ケアマネージャーの仕事内容としては、まず、この要介護認定の申請を、代行するというものがあります。
介護保険のサービスを利用するには、介護や日常生活に支援が必要な状態であることなどについて認定(要介護認定)を受けることが必要なのです。
 
要介護認定を受けるためには、住んでいる市町村の窓口に申請が必要になりますが、ケアマネージャーは、この要介護認定の申請代行ができます。
申請を受けた市町村の職員などは、申請者に対して、要介護認定を行うための訪問調査を行うことになりますが、委託を受けた居宅介護支援事業者に属するケアマネージャーが行うこともあります。
訪問調査を行った後、その調査結果がコンピュータで処理され、1次判定が出されます

その2「ケアプラン作成」

2.ケアプラン(介護サービス計画)作成

介護認定審査会で、要介護(要支援)状態と認定された場合、ケアマネージャー(介護支援専門員)は、要介護認定者や家族の状況にあったケアプラン(介護サービス計画)を作成します。
ケアマネージャーの仕事内容としては、非常にウエイトの高い仕事です。
どんなサービスを、どのくらい必要としているのか?予算は?
等のことを勘案しながら、ケアプランを作成します。
予算に関しては、見積もりを立て、介護施設などのサービス提供事業者に見積書を渡します。
介護サービスの提供は、ケアマネージャーが作成したケアプランに基づいて行われますので、介護保険制度の中でケアマネージャーの役割は、非常に重要なものといえるでしょう。

その3「ケアプランの給付管理」

3.ケアプランにおける給付管理

要介護認定がなされた場合、利用者の負担額は1割になります。
残りの9割は、介護保険から事業者に支払われます。
このとき、ケアマネージャーが所属している居宅支援事業者は、住所地のある都道府県の国保連(国民健康保険団体連合会)に給付管理を票を提出します。
国保連は、サービス事業者が提出した請求書と、ケアマネージャーが提出した給付管理票を照合させ、正しかった場合に、はじめて給付金が出るという仕組みになっています。
つまり、ケアマネージャーの仕事内容は、ケアプランを作成するだけではなく、その計画が適切に実行されているのかどうかまで責任を持つことになります。
ケアマネージャーは、給付管理票と同時に、介護サービス計画費を請求します。これが、ケアマネージャーの給与(報酬)となるのです。ケアマネージャーへの報酬は、すべて介護保険から出るので、要介護者は負担する必要がありません。
このように、自らが作成したケアプランの給付管理までを行うのが、ケアマネージャーの仕事内容なのです。